募集について

三洋堂の仕事とは

三洋堂の仕事とは

店舗は、お客様が気持ちよく買い物をしてもらう為の場所

店舗はあくまでも、お客様の為の場所です。お客様が来店され、商品を受け取って気持ちよくお帰り頂けるよう準備するのが私たちの仕事です。駐車場を清掃するのも、商品を店頭に分かり易いように並べるのも、売場を整理整頓するのもお客様のためです。
また、店舗では沢山の従業員が一緒に働いています。お互いに協力しながら仕事は進めていくものです。店長といえども全てのことを1人で行う事は不可能です。協調性を発揮しながら無駄なく仕事を進める事も重要です。

人材観

pers_602「入社したらどんな仕事をするのか」とか、「入社2~3年目の仕事は何か」という事よりも、経験を積んで社会的にも信用が得られる40代、50代に どんな社会的に意義のある仕事ができるか、が大切だと考えています。20代の仕事は、その仕事の成果が目的ではなく、その経験が無いと将来40代になった とき困るから、つまり経験を積むために行うものなのです。
とはいえ、新卒入社の方には、まずは店長を目指していただきますし、それ以降のステップは、店長職で力を発揮できた方にチャンスが与えられますので、店長に求められる資質についてお話しします。

○人の気持ちを察する想像力がある
店長は、まずお客様のことを一番に考えます。お客様のワクワクする気持ち、がっかりする気持ちを察する事が、よりよい店作りの推進力になります。

○真摯さ・明るさ・実直さ
スタッフはいつも店長を見ています。例えば店長が「笑顔があふれる店にしよう!」と言ったとしても、店長がスタッフに信頼されているかどうかで全く違った 結果になるでしょう。スタッフの信頼を得て、リーダーシップを発揮するためには、真摯さ、明るさ、実直さといった要素が必要です。

○ポジティブシンキング
部下や自分の異動があったり、作業がガラリと変わったり、環境は常に変わります。新しい環境に変わった時、それをポジティブに捉えるかどうかで成長に違いが出てきます。
「この変化は自分(部下)にとって、どんなチャンスなのか」と自問し、課題を見つける者が幅広い経験を積むことができるのです。

以上、店長の資質について少し解説しましたが、最初にお話ししたように、本当の活躍の場は10年、20年後です。20年後に社会に貢献できる人材に成長した皆さんとともに、2030年代のホームエンターテイメント業界において、卓越した企業になりたいと思います。
「本とのであいのおてつだい」という理念を共有し、より良い社会づくりに貢献したい、そのために自ら成長し続けたい、そう考える方にぜひ同志として加わって頂きたいと思います。
既存HPに我が社の求める人材が記載されております。そちらもご覧下さいませ。
三洋堂書店に於ける人材観はコチラ